Hamori’s blog

ガーデンアトリエ葉守のひとりごとです。

BRIAN ENO AMBIENT KYOTO

f:id:Hamori:20220721152243j:image

46年来の

こちらからの一方的な知己を誇る、

ブライアン・イーノ先輩。

 

京都で開催中の

氏の 音と光の展覧会へお伺いしてまいりました。

 

BRIAN ENO AMBIENT KYOTO

https://instagram.com/ambientkyoto?igshid=NmZiMzY2Mjc=

 


f:id:Hamori:20220721152258j:image 

旧・京都中央信用金庫の建物 一棟ごと

イーノ先輩の世界に染め上げられています。

 


f:id:Hamori:20220721152233j:image

イーノ先輩の世界に相応しいしつらいとして

ポイントポイントに

盆栽と景石が置かれているのが効いています。

 

こちらは樹齢おおよそ70年のアカマツ

 

ひとつ前の画像は、ハゼノキと菊花石。

 

これらはすべて

京都で「現代盆栽」を主宰しておられる

川﨑仁美さんによる作品。

https://www.gendaibonsai.com/profile/

 


f:id:Hamori:20220721152252j:image

仄暗い設置場所であることもあって

週替わりで 違う作品が置かれているようですね。

 

これは 台湾錯甲藤(サッコウフジ)だそう。

 

↓詳しくは 随時こちらで紹介してくださっています。

https://instagram.com/gendaibonsai?igshid=NmZiMzY2Mjc=

 


f:id:Hamori:20220721152246j:image

今回のキービジュアルのパネルが飾られたこの空間は

観客がひと息入れるためのサロン。

 

ここに置かれたノートを覗くと

イーノ先輩への「長生きしてくださいね」という日本語メッセージが筆ペンで…(笑)

…まったく同感です❗️

 


f:id:Hamori:20220721152229j:image

刻々と色が変化していくLIGHT BOXES。

時間の制約(自分自身の)がなければ、

おそらくずっと見ていられたことでしょう。

 


f:id:Hamori:20220721152249j:image

信金時代に使われていた金庫の扉に、

 


f:id:Hamori:20220721152240j:image

照り返す鮮やかな色変化。

 


f:id:Hamori:20220721152255j:image

絵柄と色が変わりゆくこの作品は

薔薇窓のステンドグラスを思わせます。

 

(以上 館内撮影におきましては

シャッター音をたてないよう、

苦し紛れにSODA(アプリ)を使用。)

 


f:id:Hamori:20220721152236j:image

作品全般に感じるのは

ある種のサービス精神と言っても差し支えないかと思います。

 

しめやかに香るポプリと 安らかな音色。

こんなところにまで 気を遣う先輩…

 


f:id:Hamori:20220721152226j:image

入るときには気がつかなかった、

このメッセージ。

 

さすがは サービス精神満点の、発明好きイーノ先輩。

一見割と普通にも聞こえる言葉ですが

アーティストにとっては

生きる指針となり得る金言ではなかろうか。

 

 

とうに折り返しを過ぎ

クロージング間近かも知れない

あなたや私の人生ですが、

この今生の旅で出会うことができて(甚だ一方的ですけど)

本当に面白かったし 楽しかったと思いました。

(…まだまだ 終わらんけどね。)

 

 

陰の支配者⁉️

f:id:Hamori:20220711024751j:image

緑がまた一段と濃くなった森庭。

そこで飄々と曲線を空中に描いているのは…

 


f:id:Hamori:20220711024746j:image

…ヤブマメの蔓!

草から樹木へと触手を伸ばしていたり

 


f:id:Hamori:20220711024748j:image

徐々に

しかし着実に高みを目指していたり

 


f:id:Hamori:20220711024743j:image

群れ咲く花には乗っかるようにして

 


f:id:Hamori:20220711024755j:image

縋りつく相手が無くても

とりあえず伸びてゆきます(笑)

 


f:id:Hamori:20220711024758j:image

ブルーベリーも絡め取ろうかという勢い!

 

シルエットがおかしくなってきてると思うものには

大体こやつがまとわりついていて、

妙に固まった姿勢を取らされているのでした。

 

 

f:id:Hamori:20220711033824j:image

(↑この画像のみ「エバーグリーン植物図鑑」からお借りしました)

秋に咲く青紫の花(開放花)は

なかなか妖艶で美しいのですが、

それ以外にも 地中に潜って「閉鎖花」なるものも咲かせ

いずれそこで栄養たっぷりの豆果を結ぶのだとか。

(まだ見たことありませんが)

 

地上の花も

小さなエンドウのような鞘をつけて

中の種は3〜4m先へ弾け飛んでいくらしいので、

増えたり 隆盛を誇ったりする訳ですね。

なんと よくできた戦略❗️

 

それじゃ あたり一面ヤブマメ群生地になってしまいそうだけれど、

そういうことでもなく

せめぎ合い しのぎを削り合って

バランスは保たれていくという節理。

 

奢れる者は久しからず、ということで

人間界も きっとそうなっていくんだろうなぁ…

と考えずにはいられません。

いや、そうであれ❗️

 

 

 

 

 

 

 

 

梅雨はどこへ…

f:id:Hamori:20220627173123j:image

約二週間という前代未聞の短さで

九州南部・東海・関東甲信が梅雨明けしたという今日、6月27日。

ほぼ同じような天候の傾向が続いている

ここ近畿や他の地方も追随するのは時間の問題かもしれません。

(追記: 翌28日、きっちり追随いたしました😅)

 

降るべきときにまとまった雨量がないと

農作物の成育もうまくいかないでしょうから、

7月の「戻り梅雨」に期待したいところですね〜

 


f:id:Hamori:20220627173134j:image

葉守の森庭では

アナベルが咲きすすんで

白→ライムグリーンへの過渡期を迎えている個体が増えてきました。

 


f:id:Hamori:20220627173129j:image

とはいえ

まだまだ純白を感じさせるものも点在しているので

 


f:id:Hamori:20220627173148j:image

明るさ・晴れやかさはかなりキープされているように思います。

 


f:id:Hamori:20220627173144j:image

ライムグリーンは

まだもう一段色濃くなっていく予定。

そうなってくると、

オニユリやクロコスミアなんかの

オレンジ色が絶妙に似合ってくる訳で

本当に良くできた仕組みとしか言いようがありませんね。

 


f:id:Hamori:20220627173137j:image

ピンクアナベルの色褪せ具合はと言うと、

単品で これぐらい近くでじっくり見るなら

アンティークな風情で良いのですが

景色としては「衰え」のフェーズを強く感じてしまうので

この庭のバランスで言うと

そろそろ花を剪るべきかも…

 

 


f:id:Hamori:20220627173141j:image

ヒメアジサイ

今のところまだまだ瑞々しく、

梅雨の続行を信じて已まない…といった気配。

 


f:id:Hamori:20220627173126j:image

何かがおかしい…という事象が続きすぎて、

でも 一個人として為す術は特に無く、

徒に過ぎていくこの二、三年。

 

え? 何か起こってますか?

人類の長い歴史の中ではいろんなことがあって当然でしょ?

…という判で捺したような見解の方々とは

もう決定的に気が合わない(笑)

 

そもそも

それは自分の頭で考えたことなんですかい?

気を抜くと

何者かにやすやすと誘導されちゃあいませんか?

…と問いたい。

 

アバターとして仮想空間で生きる(気にさせられるだけ)なんて、まっぴら御免!

この光を 風を

花の色を 匂いを

生きてる限りは体感していたい、と思うのです。

 

 

 

 

 

そして、雨の季節へ。

f:id:Hamori:20220612232832j:image

毎年のことですが、

この時期 咲き終わった栗の花が

際限なく落下してまいります。

 


f:id:Hamori:20220612232826j:image

栗の樹下 

半径5〜6mの範囲にある中低木という中低木、

下草という下草は

ことごとく その洗礼を浴びているのでした。

 


f:id:Hamori:20220612232820j:image

絡みやすかったり

 


f:id:Hamori:20220612232835j:image

乗っかっていやすかったりするところには

びっくりするほどの量が溜まっています!

 


f:id:Hamori:20220612232823j:image

梅雨入りの合図と言われる

「栗花落(つゆり)」現象を

目の当たりにしているという訳なのですよ。

近畿地方も もうまもなく発表となるのでしょうね!

 

 


f:id:Hamori:20220612232814j:image

栗の樹下から少し離れたウッドデッキでは

この洗礼からは免れていますが、

イチョウムクロジの傘下に入っているので

別の受難が待ち受けていたりします…(笑)

 

そんな中でも めげずに

鉢庭のヤマアジサイが咲いてきましたね。

 

 

f:id:Hamori:20220613025134j:image

こちらの鉢庭は

ナチュラルさに磨きがかかり…

 


f:id:Hamori:20220613025137j:image

ワイルド方面に舵を切りながらも、

今年も律儀に 

ユキノシタの花を咲かせました。

 

それにしても

どちらの長手鉢も いつ見てもカッコいいなぁ。

さすがは 長谷川先生作品です!

 

 

f:id:Hamori:20220613025214j:image

ムクロジの樹下エリアでは

アジサイが妍を競い出し…

 


f:id:Hamori:20220612232829j:image

ベンチ脇のヒメアジサイ

不思議なミックスカラーで存在感を示しています。

 

昨年まではフロントヤードの一株に

このようなカラフル・シェイブドアイス的傾向がありましたが

今年はなぜかここ…!

 

 

f:id:Hamori:20220613025255j:image

アナベル

 


f:id:Hamori:20220613025252j:image

ヒメアジサイ

今年は低調かな…と踏んでいた割には

土壇場で意地を見せてくれた気がします。

 

 


f:id:Hamori:20220613025433j:image

ピンクアナベル

結局 ブリキ鉢にこんもりと植え、

デッキ上で 愛でてやることに。

 

 

f:id:Hamori:20220613025609j:image

写真では伝わりきらないかとも思いますが、

高木の梢をわたる風や

木漏れ日、

葉ずれの音の折り重なり。

そして 足元に綾なすアジサイの群落…

 

ありきたりなようで

実は 

ここ葉守だけに許された特別な時空間なのだと

身をもって感じます。

 

そりゃあ それなりの手入れはしておりますが、

それだけでは到達し得ない

人智を超えたピースフルな特別の場所…!

 

多少大袈裟に言うと

そういう庭になったんだと実感した今日でした。

 

関わりのあるすべての人々の想いと

やすやすと繋がることができる、

スピリチュアルな庭空間だと 本気で思えておるのです。

 

 

 

 

 

バニーさんによるチェルシー振り返り。

2年ぶりの5月通常開催となったチェルシー・フラワーショー。

審査員であるBunny Guinnessさんが 今回もお立場をフルに活用して

ショーガーデンのいくつか(厳密にはまだ完成前の状態ですが)を

丁寧に紹介してくれています。

 

デザイナーとの会話も楽しいし、

実際に会場に観客として見に行ったとしても見ることは叶わない

裏側(とか下側?!)まで見せてくれているのが素晴らしいです!

 

17分ぐらいある動画ですが、興味のある方にとっては

とても面白く、また短く感じられると思いますので

よろしければ、ぜひ。

(英語字幕を出す設定にすると
内容をより理解しやすくなるので お試しあれ。)

 

チェルシー開催中!

イレギュラーだった昨秋の開催からまだ日も浅い気がしますが、

何事もなかったかのように

2022年のチェルシー・フラワーショーが開幕しております❗️

 

すべてが通常運転に戻っているようで

庭好きの人々の喜びが弾けているのが伝わってくるようです💜

 

最初のはRHS(英国王立園芸協会)発信の動画ですが

BBCもはしゃぎ気味にいくつも動画をアップしてくれています。

そのうちのひとつがこちら↓

 

彼の国では、もちろん 全員ノーマスク。

当たり前にノーマスク。

 

馬鹿馬鹿しさに大真面目に付き従っている

此方の現状の方が

むしろ夢なんじゃなかろうか?

…って思った(笑)

わらび三昧(*追記あり)!

f:id:Hamori:20220520221415j:image

ご近所の方が郷里で摘んで来られた蕨(わらび)を

たっぷりとくださいました❗️

しかも、今期二度目😊✨

うれしすぎる💓

 


f:id:Hamori:20220520221357j:image

前回は当方を甘やかしていただき

アクを抜いてある状態のものをくださったのですが、

今回はまさに摘みたてホヤホヤなので

自分たちで処理を行うことに。

 


f:id:Hamori:20220520221404j:image

灰など無くても

単に熱湯で茹でて一晩放置すれば、

アク抜きは十分できてるよ!

…とのアドバイスをくださったのですが、

念には念を入れて

重曹を熱湯に加えてみた小心者でごぜえやす。

 


f:id:Hamori:20220520221413j:image

一夜明けて見てみると、

茹で汁はクロロフィル原液のような黒っぽい緑色に変化。

アク恐るべし!

 


f:id:Hamori:20220520221407j:image

よく水洗いした後、

全体が水に浸るようにして

とりあえずタッパーに入れて冷蔵庫で保存します。

…割とすぐに使っちゃうのですが(笑)

 


f:id:Hamori:20220520221400j:image

初日に早速作ったのは、もち米も入れたわらびご飯。

(美味しすぎて興奮のあまり、写真撮り忘れました…💦)

 

こちらの写真のは、

二日目の本日作った 薄揚げとわらびの煮物。

すごく簡単なのに どうしてこんなに美味しいのでしょう⁉️

 

そして….

まだまだタッパーには お楽しみが残っているという、

なんという幸せ‼️

 

 

自然の恵みに感謝✨

心優しきご近所さんに大感謝✨

 

 

【追記】

f:id:Hamori:20220522085651j:image

残しておいたわらびで、再度ご飯ものに挑戦しました❗️

鶏肉、薄揚げ、にんじん、ごぼう

そして…干し椎茸をプラスした

炊き込みご飯仕立てです。

 

今さらながら マイブームの干し椎茸。

「滋味」という表現がぴたりと嵌る 魅惑の旨味😊✨

 

昔 お歳暮とかの包みを開けて、どんこ椎茸だったりすると

なーに❓ センスないなぁ…なんて思ってましたが、

正直申し訳ありませんでした🙏🏻💦

いま思えば センスの塊であらしゃった訳なのでした。

 

さて わらび炊き込みご飯の出来はというと…

 

もち米1:うるち米2 のほど良きもちもち具合と

半量わらびの後混ぜによるシャキ食感プラス。

そして 干し椎茸その他旨味オールスターズの尽力…✨

 

…めちゃくちゃ美味しいじゃありませんか❣️

 

改めまして

季節の恵みと先人の知恵。

分かち合ってくださろうというお気持ち。

その他もろもろ、この世界の善なるすべてに感謝申し上げます。