Hamori’s blog

ガーデンアトリエ葉守のひとりごとです。

忍び寄る秋

 

f:id:Hamori:20211016061625j:image

日なたはジリジリするほど灼熱の暑さなのに

日陰は冷んやりとして心地良い…

こんな10月、ありましたっけ?

 

聞けば

太陽フレアの活動が強大になってるらしいじゃないですか。

 

相も変わらず

論点ずらしや3S政策真っ盛りの

スピン報道ばかりですけど、

知るべきことは

例えば そんなことなんじゃないのかしら。

 


f:id:Hamori:20211016061623j:image

とは言うものの

この週末を境に 気温は急降下するらしいので

秋は確実に深まっていくのでしょう。

 

ナツハゼの紅葉が

少しずつ進んできています。

 

 


f:id:Hamori:20211016061640j:image

葉っぱが強烈な日差しに傷められつつ…

なので

全体的にきれいきれいではありませんが。

 

下から見上げると

青空や白い雲バックに映える彩りが鮮やか!

 

 


f:id:Hamori:20211016061633j:image

暗紫〜黒に 段階的に色づく

ナツハゼの実も美しい…

ブルーベリー的なお味らしいです。(未賞味)

 

 


f:id:Hamori:20211016061645j:image

ジューンベリーの葉は

ところどころ黄葉し始めています。

 


f:id:Hamori:20211016061628j:image

何年か前に見た

濃いめオレンジ色の見事な紅葉まで

辿り着ける葉はありますでしょうかね…

 

 


f:id:Hamori:20211016061635j:image

アカシデの実が 秋色に染まってきました。

 

ホップのような形が

梢のアクセントとなる、

期間限定のお楽しみです。

 


f:id:Hamori:20211016061638j:image

カサコソ感も高まって…

しばらくすると

榴弾のようなこの実が落ちて

種がバラバラに散る繁栄戦略なので

一部ではかなり不評ではありますが(笑)

 


f:id:Hamori:20211016061630j:image

先代庭主が植えておられた

ピンクの八重秋明菊

 

だんだん広がってきて

良い風情です。

 


f:id:Hamori:20211016061620j:image

絶妙な配置には 神の采配を感じますね。

 

 


f:id:Hamori:20211016061643j:image

ワイルドオーツも

このような秋色に染まり、

風に揺れています。

 

ただ これも

次第にバラバラになる戦略なんでしょうね(笑)

 


f:id:Hamori:20211016061618j:image

アイアンのフクロウさんの背後にある

ヤマモミジはまだまだ夏の名残りの緑のまま。

 

よく見ると

背景の細かい枝がフクロウのまつ毛に見えて

かなりラブリーなことに…

 

秋の深まりを

この場所でパチクリしながら

じっくり待っている

門番のような存在に思えます。

 

 

ホトトギス再評価

 

 

f:id:Hamori:20211015132747j:image

久しぶりに訪れた あいあいパークにて

山野草がまとまって展示されていたので

しばし拝見。

 

ホトトギスも普段よりはバリエーションを増え やしているようで

この白花品種「秋月」には釘づけになりました。

 

 

f:id:Hamori:20211015133411j:image

より清楚な 白花ホトトギス

 


f:id:Hamori:20211015132739j:image

紅富士


f:id:Hamori:20211015132755j:image

丸葉ホトトギス

葉のみならず すべてが丸っこい…

 


f:id:Hamori:20211015132752j:image 

紫酔

 


f:id:Hamori:20211015132750j:image

妖精

 


f:id:Hamori:20211015132742j:image

富士の雪

 


f:id:Hamori:20211015132736j:image

斑入りホトトギス

 


f:id:Hamori:20211015132745j:image

葉守で今咲いているのは

こちらの青光。

もっとブルーブルーしている個体もあると思いますが

だんだんこんな色味に落ち着いてきました。

 

自宅の庭に昔からあったのが

海老茶色混じりの品種だったので

若い頃は総体的にあまり好きになれなかったこの花ですが

次第に許容範囲が広がって

嫌いじゃなくなりました。

 

…とはいえ

秋の野山はともかく

どんな庭景色に馴染むのか、という点で

難しい花ではありますね…

 

花選びにおいてプロとして意識しているのは

「部分」と「全体」。

 

そして

過酷さを年々更新しているように思える気候との兼ね合い。

 

繊細な花も作りたい

花の生産者さんたちは恐らく

もっともっと苦悩しておられることでしょう。

 

秋らしい時期が

年々短くなってきているような気がして

無粋なことこのうえありませんが、

辛抱強くて 割とタフな

ホトトギスあたりの植物には

ぜひ気を吐いてもらいたいものです。

 

 

 

 

 

紫蘇の実!

 

f:id:Hamori:20211013063043j:image

実家の家庭菜園で夏中楽しませてくれたシソ。

葉の利用リソースとしてはそろそろ終盤ですが…

 


f:id:Hamori:20211013063040j:image

花穂の花弁が散った後の実り。

これがまた最高な味覚なんですよ!

 

ハサミで適宜 穂をカットして収穫し

上から下へしごくようにすると

簡単に実だけを集めることができます。

(茎はもはや硬いので捨てます。)

 


f:id:Hamori:20211013063045j:image

本当は さっと塩茹でしたり

一晩水につけたりして

アク抜きの必要があるようですが。

 

ほんの少量だし

アクも嫌いじゃないわが家なので、

水で洗って 水分を切ったのち

だし醤油をかけてしばらく置くだけで賞味してみました。

 

これは…

…イケる!!

 

プチプチ食感と 爽やかな風味が

ごはんのおともにピッタリです。

 

道の駅的なお店でも きっと今頃

紫蘇の穂が売られてると思うので

買ってでも試してみる価値は十二分にあろうかと。

 

https://40010rocco.com/9964.html

↑火を通すことでアク抜きに代える

こんなレシピも。

 

抗酸化作用に優れているシソ。

この毒まみれの世の中にあって

自然と身体が欲してしまう食物なのかもしれませんね。

 

半世紀程前(!)、

最寄りの市場の中にあったお味噌屋さんにて

季節になると

ビニール袋に小分けされた

紫蘇の実の醤油漬けが売られていて

子供ながら かなりハマっていた記憶が。

 

「シソノミ」買って〜!

とねだる渋い子供(笑)

 

アンチエイジングにも効果があると知った今、

再度ハマってしまいそうです。

 

さて…

相変わらず

警告のポップアップ画面が出てきて、

見づらくなってしまっており 申し訳ないです。

 

目が滑って

表示されている文章の一部が

「高い見識」…と読めてしまい、

褒められてるのかと一瞬勘違いしかけましたが…(笑)

 

崎谷博征さんのようなリアル・サイエンスを究める方の言論に

より説得力を感じている身としては、

マスメディアやいわゆる常識人を覆っている

「正しいとされているもの」が

そのうちにくつがえった折の

マジョリティの皆様の大々ショックが懸念されるところです。

参考:https://ameblo.jp/nomadodiet

 

結局のところ

DS支配がわからなければ

いまの混迷状況が仕組まれた根本を理解できないので

両陣営の溝が埋まることは ほとんどないのかもしれません。

 

人は見たいようにしか 世の中を見ないので

まあ 仕方ないのかな、という気もします。

醜すぎる現実を直視するのには

とてつもなく勇気を必要としますからね。

 

ネガティブ情報に振り回されたり

無知でナイーブな批判に晒されたり…で

憂いを深めて過ごすよりは、

土や植物に触れて

ただただ真っ当な生き方を探求していくのが正解、

と思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

秋…なのか?

 

f:id:Hamori:20211011071039j:image

ムクロジの落ち葉が降り注ぐなか

ちょっと困惑して

遠慮がちに咲き始めたシュウメイギク

 


f:id:Hamori:20211011071049j:image

秋明菊という名がふさわしいのかどうか…

キンポウゲ科だから

アネモネの仲間なんですよね。

 


f:id:Hamori:20211011071042j:image

例年にも増して

一服の清涼剤と感じられるのは…

 


f:id:Hamori:20211011071029j:image

季節の進行がとっ散らかってしまった今年、

視界に入る枯葉色が多いせい。

 


f:id:Hamori:20211011071034j:image

ムクロジの樹下はこんな様子に。

 


f:id:Hamori:20211011071047j:image
f:id:Hamori:20211011071037j:image

風に乗るタイプの葉だから

少し離れたところでも

どんどん降り積もります。

 


f:id:Hamori:20211011071057j:image

3週間前の

ささやかなオープンガーデンの頃と比べると

 


f:id:Hamori:20211011071102j:image

日に日に上空の葉っぱの量が減っています!

(その分 地上に降り積もっている訳ですね。)

 


f:id:Hamori:20211011071052j:image

ギンナンもまたかなり落下しているので

トングでせっせと採集。

 

ときどき風が吹くと

背中に直撃を受けたりして…

なかなかのGを感じたり。

 


f:id:Hamori:20211011071104j:image

草むらのこの辺、と思ったところには

百発百中 絶対に落ちていて、

そしてときには

こんなアクロバティックな着地も(笑)

 

とにかく 集め甲斐はめちゃくちゃあります!

 


f:id:Hamori:20211011071032j:image

今回はレジ袋3つ分の戦果。

本気を出したら もっと拾えたと思いますが

ひとまず これぐらいにしといたろう…

 

まだまだ梢にも予備軍がいますしね。

 


f:id:Hamori:20211011071059j:image

それにしても

この4、5日の日差しの強烈なこと!

真夏よりもジリジリと

痛いように降り注いでますね。

 

これは尋常じゃない、と感じるのですが

世間で騒いでいる人はあまり居なさそうなのが

無気味でもあります。

 


f:id:Hamori:20211011071054j:image

季節がどういう状況なのか

よくわからないのですが、

いま 蝶がとてもたくさん飛来してきていて

一種パラダイス的な様相を醸し出している事実も。

 

 


f:id:Hamori:20211011071026j:image

ヒョウモンチョウ


f:id:Hamori:20211011071044j:image

ヤマトシジミ

 

ほかにも

モンシロチョウやアゲハ系が

乱舞していたり…

 

現在「闇の10日間」真っ只中という噂もあるなか

これは良い兆し…なんですかい?

 

 

ソーイング・ビー再始動

 

 

f:id:Hamori:20211006160539j:image

うっかり見逃していましたが

先週(9/29)からEテレで始まっていたのですね!

 

ソーイング・ビー4」と銘打っていますが

イギリス本国ではseason 6にあたります。

…ややこしい!

 

 

f:id:Hamori:20211006160543j:image

コンテスタントの人数も増え、

試練も増やしていきそう。

 

毎回思いますが

キャラクターのバリエーションが揃ってますね!

 

放送時間は

毎週木曜日 午後9時からと

水曜日の昼下がり(再放送)。

 

NHK+が存在してくれたおかげで

ギリギリ1回目の見逃し配信に間に合いました。

 

このサービス、

要はスマホタブレットやPCで

見逃してしまった放送を見ることができて

とても助かるものなのですが

受信料をきちんと払ってない方は見られませんので

あしからずご了承を。

 

 

 

 

 

 

 

いざ出動!(*追記あり*)

 

 

f:id:Hamori:20211005182907j:image

お客様のところを早めに終わらせて

戻ってきた葉守。

またも ムクロジの葉が

ウッドデッキにたくさん落ちまくっています。

 


f:id:Hamori:20211005182916j:image

大ぶりの葉だから、嵩高い!

 


f:id:Hamori:20211005182858j:image

アカプルコチェアにも

しっかり降り積もって…

 

これをクッションとみなして座ったら

案外座り心地がいいのかも。

 


f:id:Hamori:20211005182922j:image

さ〜て、ギンナンを拾いますか!

トングでひとつひとつ拾うのも

イーッとなってきそうなので

今回はゴム引き軍手でワイルドに。

 

(注:皮膚をかぶれさせる成分が

ギンナンの果肉にはあるので

素手での作業は厳禁なのです。)

 


f:id:Hamori:20211005182910j:image

そうそう 

この果肉がね。

酪酸(蒸れた足の匂いに近い?!)と

エナント酸(腐敗した油に似た匂い?!)の

合わせ技なんだそーです。

そりゃ強烈な訳ですね…

 

ですから

ご近所迷惑を鑑みますと

落ちたまま放置できない…ってこと!

 


f:id:Hamori:20211005182904j:image

あっという間に

手提げポリ袋4つ分の収穫に!

 


f:id:Hamori:20211005182913j:image

このオレンジ色の果肉が

フルーツ的美味しさなのだとしたら

もっと引くてあまたなんでしょうが、

酪酸とエナント酸の激しいバリアで

その道の「通」しか欲しがらない…

非常に良くできたシステムですねぇ。

 


f:id:Hamori:20211005182901j:image

見上げれば、

梢にはまだまだオレンジ色が見え隠れ。

 


f:id:Hamori:20211005182919j:image

あと2〜3回は

今日と同じぐらい採れるといいなぁ…♪

 

 

さて…

昨日あたりから

拙ブログにおける疾病関連の記述において

運営側から物言いがついてしまったようで

警告のポップアップ画面が

もれなく出てしまうようになっとります。(泣)

 

アウトローや反社に向けるのと

よく似た扱いを受ける羽目に陥ってしまった訳ですが(トホホ…)

どーなんでしょうね、これ?

 

いろんな意見が許されない

特に

医療従事者以外の直感による意見は

ゴミ扱い…

という世の中はどうなんでしょう?

 

医療従事者の方でも

各社ワクチンの成分表をじっくり見て

自ら調べたなんて方は

果たしてどれぐらいいらっしゃるのでしょう?

 

ヒポクラテスの誓いを思い出して

目の前の状況を直視しつつ

騒動の発端からの顛末をかえりみて

バイアスがかかってない判断を下せる方が増えることを

心から願っています。

 

読者各位におかれましては

警告ポップアップ画面の

右肩の✖️をポチッと押して消すお手間をおかけして

誠に申し訳ありません。

 

 

*追記*

10/7(木)朝の段階では

警告ポップアップ画面が登場しなくなっています♪

 

ついに「FCC真実法」発効でしょうか⁉︎

微妙なタイミングで あげつらってきていたのは

最後の足掻きだったのかしらね。

(実質的には

一旦目覚め始めた人々にとっては

逆効果以外の何者でもなかったわけですが。)

 

大手メディアではまるで報道されない、

デクラス(情報開示)や

闇の大掃除がだいぶ進んできた…⁉︎

 

ニュルンベルグ裁判も近い…⁉︎

…といいけれど。

 

 

(*再追記*)

端末によっては

今もなお 警告がポップアップで出てくるようですね。

 

認知の歪みや嘘も

百回言ってると本当に思えてくるだろ?

(馬鹿なお前たちにはな!)…

と言わんばかりの

いわゆる「標準」とやら。

 

いいんです。

夜明けはもうすぐそこまで来てますから!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

蚊の最後の猛攻…?

 

f:id:Hamori:20211004091745j:image

2〜3日不在にしている間に、

葉守の小径はこんな具合に。

 


f:id:Hamori:20211004091727j:image

例年より早く

ムクロジの黄葉がすすみ、

この時期早くも「散りくるわ」状態に…!

参考↓

https://hamori.hatenablog.com/entry/2019/10/30/212737

 


f:id:Hamori:20211004091709j:image

ベンチやその周囲は

放っておくと

落ち葉に埋もれてしまう可能性大。

 


f:id:Hamori:20211004091734j:image

陽光を透かす梢の美しさは

例えようもなく素晴らしいのですが。

 


f:id:Hamori:20211004091737j:image

イチョウの周囲では…

 


f:id:Hamori:20211004091739j:image

今はまだ おずおずとですが

ギンナンが降り注ぎ始めています。

 


f:id:Hamori:20211004091719j:image

このままでは歩を進められない小径…

 


f:id:Hamori:20211004091729j:image

なんとか時間を工面して

ギンナン処理班活動を早くスタートしなければ!

 


f:id:Hamori:20211004091716j:image

そんな中でも

あちこちに目を凝らしてみると

中秋の発見がいろいろ。

 


f:id:Hamori:20211004091711j:image

ヤブマメが今年も艶やかに咲いています!

鄙には稀な美形じゃこと。

 


f:id:Hamori:20211004091721j:image

ツリバナの実が 

地味なくす玉のように弾けて。

 


f:id:Hamori:20211004091701j:image

ミズヒキ

 


f:id:Hamori:20211004091704j:image

サクラタデ

 


f:id:Hamori:20211004091732j:image

イヌタデ

 


f:id:Hamori:20211004091706j:image

ノコンギク

 


f:id:Hamori:20211004091724j:image

名残りのヒガンバナ

もうこの一輪が最後です。

 


f:id:Hamori:20211004091750j:image
f:id:Hamori:20211004091714j:image

咲き終わりのヒガンバナ

こんな感じで末枯れていきます。

 


f:id:Hamori:20211004091747j:image

里庭では 

末枯れたヒガンバナを横目に

黄色のリコリスが最盛期…

 


f:id:Hamori:20211004091753j:image

諸行無常を感じますね。

 


f:id:Hamori:20211004091742j:image

メドーセージ青い花

きれいに撮りたかったのですが、

大勢で攻めてくる蚊に耐えかね

ピントがまるで合わず。

 

今回の上記の画像たちを撮る際にも

シーズン最後の力を振り絞るかのような

蚊の猛攻にさらされていたわけで…

われながら よく頑張りました(笑)

 

この何日間かの昼間

灼熱の太陽が戻ってきて

もう10月だというのに 強烈な日差しを浴びて

外作業をしていたのですが、

この夏のような気温は

蚊たちの延命にも繋がっているのでしょうか。

彼らも必死には違いない訳で…

 

いや、天然自然の蚊はいいんです。

(←まあ、よくもありませんが)

完全無欠な自然の循環サイクルのなかで

何らかの役目を背負っているのでしょうから。

 

とりあえず、

ビルゲイツの“遺伝子組み換え蚊"が

どうかここまでやって来ていませんように…

と祈るしかありません。

 

彼等の発する

一見 善いことや美談と思わせることの裏側には

宇宙の法則に反する

恐ろしくもくだらない策略が

必ずと言っていいほど潜んでますからね。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/voi.id/ja/amp/20052/bill-gates-controversial-genetically-engineered-mosquito-comes-true-ja%3Fusqp%3Dmq331AQIKAGwASCAAgM%253D

f:id:Hamori:20211004100155j:image