Hamori’s blog

ガーデンアトリエ葉守のひとりごとです。

春めきエレメント

f:id:Hamori:20200116211329j:image

葉守の梅 “道知辺(みちしるべ)” の蕾が

だんだん膨らんできました。

 

白梅はあちこちでそろそろ

ちらほら咲き始める時期なのですが

紅梅としては 早めのスタンバイとなるこの品種。

 

すぐ近所の梅林と競い合いつつ

共にハーモニーを奏でるような梅の木が

この界隈には至るところに存在しているようですね。

 

町内一帯が 梅の香に満たされる季節も

もうすぐです…!

 


f:id:Hamori:20200116211337j:image

そんな春めき気分を高めるべく、

ウッドデッキ上の「鉢庭」を

それぞれブラッシュアップし、

精鋭をセレクトしてみました。

 

雲間草に植え替えた一鉢は

青海波の染付の端正さと 可憐な花のコントラストが売り。

(非売品ですが)

 


f:id:Hamori:20200116211327j:image

陳列台を減らしたこともあり

すっきりスタイリッシュな気配に。

 

ヒナソウの鉢(右から2番目)は

春先取り感に溢れてますね〜

 


f:id:Hamori:20200116211332j:image

飼い葉桶のようなブリキの鉢には

ネモフィラを群で植えてみました。

 

水ぬるむ頃には

淡ブルーのどっさり感で魅了してくれることでしょう。

 

早春のブルーガーデンへの

鮮やかな序章となってくれそうです!

 

 

 

とんど@八幡神社

f:id:Hamori:20200114163726j:image

近くの神社で夕方から行われる「とんど」に先駆けて、

お正月の注連飾りなど

焚き上げていただきたいものを納めに行ってまいりました。

 

ここは駅から徒歩30秒の立地ながら

境内(社殿の裏手)には

ほぼ原生林の如き 常緑広葉樹林が広がっていて、

何かしら近づき難いような

昼なお暗きミステリアス・ゾーンもかなり内包しています。

 

 

f:id:Hamori:20200114163730j:image

本殿前のすっきり明るい広場では

すでに集まって来ているお飾りや破魔矢などが

組んだ青竹のまわりに。

 

すぐ近くでは

刻々と持ち込まれて増えていく焚き上げ対象物を

一生懸命仕分けしてくれています。

 

夕方の点火に立ち会えないのが残念!

 

 

f:id:Hamori:20200114163749j:image

↑とんどのイメージ画像

(「野鳥撮り趣味の動画」さんによる写真ACからの写真です。)

 

夕方からはあいにくの雨模様になった当地ですが

今夜は遅くまで

このとんどの火を燃やし続けておられるとのこと。

 

とんど(左義長)は

注連飾りや門松を憑代として

お迎えした歳神さまを

炎とともに見送ろうという習わしなのですね。

 

燃え尽きた灰を

門口や家のまわりに置いたり撒いたりすることで

災厄や病から守ってくれると信じられています。

 

 

パンデミックによる危機が喧伝される昨今、

悪霊退散!!…とばかりに

今こそ

日本中でこれをなすべきかもしれませんねぇ。

 

 

阪神大震災では

ほぼ全ての社殿や鳥居が倒壊してしまったこの神社。

四半世紀経った今

いろいろな感慨が湧いてまいります。

 

人が心に想う願いや 精神性は

容易くは破壊できないのだと…

 

 

 

 

冬の桜たち

f:id:Hamori:20200111180437j:image

すっかり葉を落とした葉守の木々の

凛々しい骨組みのなか

上空からの雪が…と思わせるような

小さな花が梢にちらほら。

 

 


f:id:Hamori:20200111180428j:image

冬景色のさなかで

独り気を吐いて

淡い彩りを添えてくれている十月桜です。

 

 


f:id:Hamori:20200111180441j:image

寄りで見ると

結構 ピンク味が感じられ、

時ならぬ あでやかな気配を漂わせますね。

 

 


f:id:Hamori:20200111180447j:image

青空が似合います!

 


f:id:Hamori:20200111180432j:image

こちらは

庭の入口すぐに植わっている四季桜の花。

十月桜よりは やや大ぶりですが

ほぼ白っぽく感じられ、ちょっと地味かなぁ。

 

春以外に咲く桜なんて 邪道じゃないか?

と以前は思っておりましたが…

なかなかどうして

冬の桜も良いものですよ。

 

桜や紅葉を

あと何回 見れるかな〜なんて

頭の端っこで考えるお年頃になったせいでしょうか。

(↑竹内まりやの商標特許には非ず。)

 

 

 

 

 

仕事始めました。

f:id:Hamori:20200107094512j:image

葉守に出勤して

いざ 庭のグルーミング開始!

 

落葉樹の葉は概ね落ちたようで

地面をすっかり覆う、黄土色の葉・葉・葉…!

 

低木や下に置いてあるものにも

落ち葉が引っかかって、

相当じじむさく

老いさらばえた雰囲気になっちゃってますからね…

 

…にしても

あり過ぎる手ごたえ(笑)

 


f:id:Hamori:20200107094503j:image

こんなとき

一番活躍するのは「手ぼうき」。

ハンディな箒とかではなく、

純然たる手と指を駆使するのです。

 


f:id:Hamori:20200107094515j:image

落ち葉や枯れ草の下に

新芽や花の蕾が潜んでいる箇所が多いので

ガサッと熊手とかで掻いてしまうと

傷めつけることになりますゆえ、

慎重に されど 手早く…

 

 


f:id:Hamori:20200107094508j:image

池の周りの

ホトトギスなどの成れの果てをカットしてみたら

心なしか水面も綺麗になったように見え、

庭も喜んでいるように感じます。

 

樹下の落ち葉などは

こっきり取り去ってしまう訳ではなく、

ある程度残した上に堆肥を被せて

一石何鳥かのマルチング予定。

 

何しろあり過ぎる手ごたえなので

本日のところは 到底そこまで至らず終了しました。

 

 

ついにアジェンダ通り

中東では導火線に火がつけられてしまい、

誰も望んでいない争いに

否応なく世界が巻き込まれていってしまいそうですが

その根源(興行主)を見抜いて

各個人の肚を決めるべき局面に至ったと思います。

 

ワタス?

ワタスは粛々と庭を作り続けます!

 

今こそ

「宇宙の法則」に

本来一番近い生き方をしてきた

日本人としてのDNAを呼び覚ます時だと

直感が伝えてくれています。

 

 

 

 

 

閏え!

ぼーっとしているところへ飛び込んできた

東京事変 再始動、いえ 再生のニュース!

 

興味を持ったときには既に彼等は活動を終えていた、

私のような間抜けファンにとっては

うれしい限り。

 

キャッチフレーズは「閏え!2020東京事変▶︎再生」、

新曲のタイトルは「選ばれざる国民」

…ですって。

 

このセンス、

この鋭利な切っ先に緊張しながら、

リアルタイムで追っかけることができるのは

至福の経験になりそうで

とても楽しみです。

 

平安神宮へ

f:id:Hamori:20200104222744j:image

三が日も過ぎて

少し人出は落ち着いたであろう京都・平安神宮

初詣に出かけて来ました。

 

参詣の後は

神苑の庭景色を特等席から眺めることができる平安神宮会館へ。

 


f:id:Hamori:20200104203250j:image

植治・小川治兵衛さんによって作られた庭園を

こちらのアングルから眺められるのは

この建物だけ。

 

 


f:id:Hamori:20200104221545j:image

お目当ての

この庭景色を眺めながらのアフタヌーンティー

ただでさえ 願ったり叶ったりの体験ですが、

この時期は お正月バージョンの内容で

おせちの口取り的なラインナップや

お屠蘇なども含まれていて

とても晴れやかな楽しさに溢れています!

 

 

f:id:Hamori:20200104221605j:image

三段重ねのお重のうち

上の画像の「二の膳」の内容は

鳥居型を粉砂糖でデコレーションした抹茶ティラミス、

宝石のような琥珀糖、

つやつやの金柑コンポート、

抹茶のオペラケーキ。

 

塗りの器に映える

目にも美味しい 心尽くしの品々と

何杯でも 何種類でもいただけるドリンクの数々とともに

とても 贅沢な時間を楽しませていただきました。

 

なんたって

眼下の池にカワセミを眺めながら…

などという あり得ないシチュエーションなのですから…

 

通常時の「京アフタヌーンティー

(予約もこちらから可能) ↓

https://www.heianjingu.com/party/afternoontea/usual/

 

 

 


f:id:Hamori:20200104203229j:image

帰り道、

鴨川のほとりの木に

何やら 緑の実がたくさん!

 


f:id:Hamori:20200104203237j:image

近づいてみると

この季節だというのに

まだまだフレッシュな センダンの実でした。

 


f:id:Hamori:20200104203246j:image

葉守のムクロジの実を思い起こさせるようなサイズ感。

(ほぼサクランボ大)

 

この時期だと

通常はもっとクリーム色っぽく変わって

しわしわになりつつあることが多いセンダンですが

この爽やかな淡い緑のピチピチ状態は目を惹きますね。 

…ちょっとした時空の歪みが ここに。

 

 


f:id:Hamori:20200104203233j:image

二条通り沿いのお店にあった松飾り。

三角フラスコのようなガラス器を使っているのが画期的。

 


f:id:Hamori:20200104203225j:image

同じお店を彩る 別のお正月飾り。

稲わらを暖簾状に組んで 餅花を丹念に付けてあります。

左下にある

ロウヤガキの鉢植えとのバランスもエクセレント!

 

こ、これは…おそらく

気鋭のお花屋さん・「みたて」さんによるものなのではないでしょうか?

 

素敵すぎる……

 

 

とても久しぶりに訪れた京都。

あちらこちらと欲張らずに

限られた場所、限られた収穫を

反芻しながら帰る方が、

むしろ楽しいと思えるこの頃です。

 

次回は 

「みたて」さんのアジト詣でにも 是非挑戦してみたいもの。

 

 

 

 

 

あけましておめでとうございます。

f:id:Hamori:20200102091113j:image

年々希薄になる越年の緊張感と期待感。

この度もまた

実感もないまま新しい年を迎えてしまった訳なのですが…

どうぞ2020年も

よろしくお付き合いくださいますよう

お願い申し上げます。

 

 

f:id:Hamori:20200102074538j:image

さて

新年早々パトロールした葉守サテライト畑では、

一昨年の冬に植えた四季なりイチゴが赤い実をつけ続けていたり

 

 

f:id:Hamori:20200102004143j:image

寒さにあたった葉が

その実に負けず劣らず

美しい赤に染まっていたり。

 

 

 

 

 

f:id:Hamori:20200101202206j:image

カシワバアジサイもこの通り

美しいグラデーションの紅葉を未だ誇っているという 

晩秋〜初冬の気配を色濃く残しているのでした。

 

 

 

f:id:Hamori:20200101202224j:image

とは言え

アジサイの新芽はぷっくり成長していたりして

来たるべき春への準備が

着々と進んでいるのもまた事実。

 

じつは

アジサイの黄葉もまだ落ちずにしがみついている状態だったのですが、

年が明けた今では

その状態が潔くない「じじむささ」に感じられるような気がして

人為的にむしり取ってみたのでした。

(すると 途端に

新年〜早春の表情に変貌した気がします!)

 

お正月気分に飽きたり

暖房の効いたお部屋で身体がなまったりしたときには

そんなお庭の軽作業による気分転換もおすすめ。

 

せっかくの新芽を傷めないよう注意しながら

葉の根元を斜め下方向に向けてやると

面白いように古い葉が外れていきますよ。

 

 

f:id:Hamori:20200101202255j:image

われわれといえば…

年末ぎりぎりまで

メンテ作業に明け暮れていたせいか

もう少しお正月気分に浸っていたいため、

ジュエリーのように美しいチョコレートを賭けて

しばしカードゲームに勤しませていただきたいと思います(笑)