Hamori’s blog

ガーデンアトリエ葉守のひとりごとです。

追加キターー!!

f:id:Hamori:20210125093015j:image

スタンプのコレクションに

新顔が加わりました!

 

前回同様

すべてフランスのアンティークです。

 

このポピー柄のは構図も良いし、

茎やつぼみの毛羽まで描かれていて 秀逸な出来。

 


f:id:Hamori:20210125093019j:image

チコリと思われるものは 

マグノリア系のつぼみだと言い張ることも可能⁉︎

 

リンゴを収穫しているおじさんのも

可愛いなぁ…

 

にやにやしながら、

また 村上開新堂のクッキー缶に

恭しく納めました。

(→近日中に登板予定。)

 


f:id:Hamori:20210125093012j:image

こちらは

自宅の北向きの窓辺で待機させている

ヒアシンスの水栽培。

 

かなり芽が成長してまいりました。

 


f:id:Hamori:20210125093025j:image

根元を紙袋で覆って遮光してきましたが

どんな様子か確認してみますと

白い髭根がぐんぐん伸びています!

 

 


f:id:Hamori:20210125093009j:image

毎年思いますが、

これぐらいの時期のありようが

期待に胸膨らませてくれる感じで

咲ききったときよりも ずっと好きかも…

 

はるまついぶき、ですね。

 

フランスの古いスタンプたち

f:id:Hamori:20210121114356j:image

ヤフオクで何となく見つけたこの品々。

恐らく40年〜50年前ぐらい?に作られたであろう

フランスのスタンプたちです。

 

運良く落札することができ、

今日手元に届きました!

 

 

f:id:Hamori:20210121114419j:image

庭仕事をしている人たちや

 


f:id:Hamori:20210121114422j:image

野菜や植物たちが


f:id:Hamori:20210121114415j:image

簡潔な線で表現されていて

とても魅力的なのです。

 

 

f:id:Hamori:20210121114643j:image

一番お気に入りの図柄は この胡桃。

 

f:id:Hamori:20210121114652j:image

思ったより大ぶりのサイズ感…

どういう風に使うか考えるのもまた楽しい時間です。

 


f:id:Hamori:20210121114656j:image

村上開新堂さんのクッキー缶に納めて。

何 このピッタリ感…!

 

もともと それぞれのスタンプの

持ち手側には図柄がないので

捺した紙を貼ってみております。

 

お客様やお取引先への郵便物などに

今後どんどん使っていきますので

ご縁のある皆様はどうぞお楽しみに…!

 

食器でも何でも

日常的にバンバン使っていく主義のわれわれ。

もう 後生大事に仕舞い込んでる場合じゃないですよー。

 

あと2種類

お花の柄のも届く予定。

 

春を待ちつつ

気分も新たに 過ごしていきたいこの頃です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鳥たちへのおもてなし

いつも楽しい動画を上げてくれている

Garden AnswerのLauraさんによる、

冬の庭に小鳥たちを呼ぶおもてなしアイデア集。

 

ヒトから見ても、普通に美味しそうなものばかり…(笑)

 

りんごのスライスにピーナッツバターを塗り

シードミックスをまぶしたものと

オレンジのスライスを繋げたガーランドなんか

めちゃくちゃ可愛いし、

鳥たちからたちまち人気を博しそうで

これはやってみたい…!

(簡単そうだし!)

ピーナッツバターってところが、アメリカっぽいですなぁ。

 

 

昨年のオレゴン州の風景だと思われますが、

結構雪深くなるのですね。

これじゃ 小鳥たちもひもじくなることでしょうから、

おもてなし甲斐がすごくありますね。

 

触発されて

葉守でも何かしらやってみようと思います。

 

小鳥用のシードミックスは

こちら↓などで

オーガニックなものをいろいろ扱っておられますね。

(ほぼ自分用メモ)

https://store.shopping.yahoo.co.jp/torimura/a5b7a1bca5.html

 

春を待つ庭に

可愛い訪問者が現れてくれると、

尚のこと うれし楽しくなるのは

疑いの余地なしですからね〜!

 

 

春支度完了。

f:id:Hamori:20210114203454j:image

先日やり残していた

春に向けての葉守メンテナンス。

 

牛糞堆肥(完熟タイプなので

匂いはほぼありません)を

植栽域全体にマルチングして、

ひとまず完成です。

 


f:id:Hamori:20210114203434j:image

ゲウム‘オレンジホビット’や

 


f:id:Hamori:20210114203441j:image

ネモフィラなど、

彩りが欲しくなった地面に植えてみました!

 


f:id:Hamori:20210114203430j:image

マルチングの目的のひとつは

宿根の植物たちに

このリッチな養分をじわじわ効かせて

元気を出させること。

 

初夏には

先代庭主ゆかりのイチゴも

たくさん実をつけてくれるといいなぁ…

 


f:id:Hamori:20210114203438j:image

サンキャッチャーが

冬の日差しを受けて キラキラ☆彡

 


f:id:Hamori:20210114203444j:image

すっきりこっきり葉を落とした木々のおかげで

とても明るくなった林床。

 


f:id:Hamori:20210114203419j:image

こうなってくると

デッキ上にも彩りが欲しくなり…

 

淡い朱色の木瓜を一鉢

仕立てて 飾ってみることに。

 

長谷川陶房の角鉢が

めちゃくちゃ似合って 、

なんて素敵なんでしょう!

 


f:id:Hamori:20210114203423j:image

雲間草も 例年通り登場させました。

こちらも

長谷川陶房の青海波を染め付けた鉢に納まって

安定の存在感!

 


f:id:Hamori:20210114203426j:image

ブリキの大鉢には

フリル花弁のパンジーを。

 


f:id:Hamori:20210114203451j:image

ブルー〜パープル系が

早春にはしっくり感じられるのですが、

特に

こういうインクブルーを薄めた趣きの色が

われわれのお気に入りです。

 

 


f:id:Hamori:20210114203416j:image

春支度に夢中になりつつも、

週末〜週明けに向けてまたやって来る

寒波への備えも 並行して…

 


f:id:Hamori:20210114203448j:image

ただプチプチを被せるだけでも

かなり違うようですよ。

 


f:id:Hamori:20210114203413j:image

気がつけば

見上げた空も淡いインクブルー。

 

枝先にたくさんたくさんつけている

ムクロジの実のイエローベージュとのコントラストが実に美しいのでした。

 

 

復活してきました!

f:id:Hamori:20210113162951j:image 

寒波が一旦底を打ったようで

最低気温が零下になることはなくなり、

ダメージを喰らった草花が

少しずつ蘇ってきました…!

 


f:id:Hamori:20210113162955j:image

最早これまでかと思った葉っぱや花が

シャンと復活したりしているのが

とても健気で

目頭が熱くなりそう…

 


f:id:Hamori:20210113162958j:image

細い茎は

雪が乗っかって折れていたりしたので

 


f:id:Hamori:20210113163001j:image

花殻を摘んで、株をリフレッシュ。

こざっぱりと元気な表情に蘇りました!

 


f:id:Hamori:20210113162948j:image

次々とつぼみが開いて

ちょっとした春先取りという感じ。

 

とは言え

また週末から寒気団が襲来するという話なので

もう一度試練の時が訪れそうなのですが…

 

 

巷では また緊急事態宣言へ向かうとか…

↑ことの真相は

本当はこういうことじゃないんでしょうか?

 

話の通じづらい思考停止状態の人々が

未だに陰謀論だとか何とか

斜め上から

小手先で言辞を弄して批判してきているようですが…

 

科学とは 医学とは

はたまた真に科学的な思考とは

その方達にとって 一体何なのですかね⁉︎

 

大橋先生には嫌がらせも多々あるようで

嘆かわしいかぎりです…

 

世界中のすべての事象が通底して起こっている、という

漫画のような、趣味の悪い映画のような

この「今」。

 

明るい未来を信じて

最早この現実を楽しむぐらいの気持ちで

進むしかないですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんなんなっとります…

f:id:Hamori:20210110202618j:image

厳しい寒波に襲われているこの一週間。

 

大雪の被害に遭われている地域の方々に比べると

なんてこともない状況だと思いますが

ここ阪神間に於いても

草花は 結構凍てついてしまいました。

 


f:id:Hamori:20210110202611j:image

蘇ってくれるかどうか

ちょっと微妙なものも…

 


f:id:Hamori:20210110202614j:image

水切れしかけているものには

お水をあげたいけれど…

 

日差しが戻ってきた午前中に注意深く撒くのが

今のところベストだと思われます。

 

 

f:id:Hamori:20210110203459j:image

あーあ、という状態の子もいますね…

 


f:id:Hamori:20210110202625j:image

そうかと思えば

ちょっとした条件の差で

難を逃れている子も。

 


f:id:Hamori:20210110202621j:image

あと二日ぐらいは低温の予報が出ているなか

何とかしのいで

耐えてくれるといいのですが….

 

散水装置のチューブなどが

凍結後 破損しているようだというSOSも

既にチラホラお聞きしており、

暖かくなってから実態が判明する被害も

そこそこ発生していそうで…

…戦々恐々です。

 

「冷え」は 「酸化」とともに

人体がなるたけ避けるべき脅威だと思いますので、

お庭のあれこれもさることながら

みなさま

お身体もどうぞおいといくださいますよう。

 

2021年 仕事始め

f:id:Hamori:20210107133005j:image

昨日は 今年の仕事始めとして

葉守のメンテナンス作業を行いました。

 


f:id:Hamori:20210107133017j:image

三人がかりで

降り積もった落ち葉をかき集めたり

古びた枝葉をきれいにカットしたり

ほぼ一日かけても終わりませーん….

 

 


f:id:Hamori:20210107133027j:image

極寒のなかでも

梅のつぼみや

 


f:id:Hamori:20210107133035j:image

ロウバイのつぼみが

膨らんできています。

 


f:id:Hamori:20210107133032j:image

f:id:Hamori:20210107133013j:image

水仙もいろいろ咲き揃ってまいりました。

 


f:id:Hamori:20210107133024j:image

あちこちで開花してきたこの色のボケは 

春への期待感に満ちていますね!

 


f:id:Hamori:20210107133002j:image

溜まっていた落ち葉を払い落としたバードフィーダーには

いつのまにかこんな大穴が!

腐食って恐ろしい…

酸性雨の仕業でせうか⁉︎

 

 


f:id:Hamori:20210107133008j:image

最終的には、

小径以外の全面に

完熟牛糞堆肥でマルチング予定なのですが

そこまでには至らなかった状況です。

 


f:id:Hamori:20210107133020j:image

それでも

↑こんなフレコンバッグ

(通称トン袋…土砂なら1t入るので)に

たっぷり3杯もの落ち葉が集まりました!

 

これを

近々施工予定の園庭工事の折、

土壌に鋤き込んで

いい土に育てるため 有効利用いたします。

 

庭のゴミは 本当はゴミじゃなくて、

未来へ繋げる養分サプリメントたり得るのですよね。

 

特に この庭からの産物には

精気が籠っている様な気がしておりまして…

 

あちこちのお庭に

葉守フレーバーや

そのエッセンスが

少しずつ広まっていくといいなぁ…

という企みを密かに抱いているのでございます。