Hamori’s blog

ガーデンアトリエ葉守のひとりごとです。

忍び寄る秋

 

f:id:Hamori:20211016061625j:image

日なたはジリジリするほど灼熱の暑さなのに

日陰は冷んやりとして心地良い…

こんな10月、ありましたっけ?

 

聞けば

太陽フレアの活動が強大になってるらしいじゃないですか。

 

相も変わらず

論点ずらしや3S政策真っ盛りの

スピン報道ばかりですけど、

知るべきことは

例えば そんなことなんじゃないのかしら。

 


f:id:Hamori:20211016061623j:image

とは言うものの

この週末を境に 気温は急降下するらしいので

秋は確実に深まっていくのでしょう。

 

ナツハゼの紅葉が

少しずつ進んできています。

 

 


f:id:Hamori:20211016061640j:image

葉っぱが強烈な日差しに傷められつつ…

なので

全体的にきれいきれいではありませんが。

 

下から見上げると

青空や白い雲バックに映える彩りが鮮やか!

 

 


f:id:Hamori:20211016061633j:image

暗紫〜黒に 段階的に色づく

ナツハゼの実も美しい…

ブルーベリー的なお味らしいです。(未賞味)

 

 


f:id:Hamori:20211016061645j:image

ジューンベリーの葉は

ところどころ黄葉し始めています。

 


f:id:Hamori:20211016061628j:image

何年か前に見た

濃いめオレンジ色の見事な紅葉まで

辿り着ける葉はありますでしょうかね…

 

 


f:id:Hamori:20211016061635j:image

アカシデの実が 秋色に染まってきました。

 

ホップのような形が

梢のアクセントとなる、

期間限定のお楽しみです。

 


f:id:Hamori:20211016061638j:image

カサコソ感も高まって…

しばらくすると

榴弾のようなこの実が落ちて

種がバラバラに散る繁栄戦略なので

一部ではかなり不評ではありますが(笑)

 


f:id:Hamori:20211016061630j:image

先代庭主が植えておられた

ピンクの八重秋明菊

 

だんだん広がってきて

良い風情です。

 


f:id:Hamori:20211016061620j:image

絶妙な配置には 神の采配を感じますね。

 

 


f:id:Hamori:20211016061643j:image

ワイルドオーツも

このような秋色に染まり、

風に揺れています。

 

ただ これも

次第にバラバラになる戦略なんでしょうね(笑)

 


f:id:Hamori:20211016061618j:image

アイアンのフクロウさんの背後にある

ヤマモミジはまだまだ夏の名残りの緑のまま。

 

よく見ると

背景の細かい枝がフクロウのまつ毛に見えて

かなりラブリーなことに…

 

秋の深まりを

この場所でパチクリしながら

じっくり待っている

門番のような存在に思えます。