Hamori’s blog

ガーデンアトリエ葉守のひとりごとです。

山菜まつり再び

f:id:Hamori:20210503062332j:image

本日また、

春の山菜が詰まった宝石箱が

わが家へと到来しました!

 

こちらは

たくさんのコゴミと

初めて見る 貴重なヤマブドウの新芽。

 

折角出てきた新芽をいただいてしまうのだから

心して扱い 食さねばならない…

と 改めて思います。

 

 

f:id:Hamori:20210503062231j:image

モミジガサ(別名 シドケ)

キク科コウモリソウ属の多年草

柔らかくてみずみずしい葉が芽吹いてきたばかりのところ。

 

これも初めてです。

 


f:id:Hamori:20210503062220j:image

さて…

いろいろ調理法はあるのでしょうが、

春の香りと味覚をいちばん閉じ込めるには

何と言っても 天ぷらじゃないでしょうか。

 

クセがなくあっさりとした太白胡麻油で

カラリと揚げてみました。

 

…なんて美味しいの!!

食べ飽きることがありません。

 


f:id:Hamori:20210503062224j:image

実は 同じ方から

下茹でした筍も前日に頂戴しており、

その半分を

グリルで焼いたホクホクの美味しさも

楽しませていただいていたのです。

 

残りの半分については

先の方を 薄くスライスしてお刺身状態で、

中程は 次の日の炊き込みご飯用に残し、

根元の方を 適宜切って

本日の天ぷらにも使わせてもらいました。

 

どういただいても 

身悶えするぐらい 美味なのですよ(笑)

 

店頭で売られているものとは どこかが違う。

 

 

f:id:Hamori:20210503062150j:image

ワラビもこんなにいただいております。

ひと握りの灰も添えられて…

 

早速 この灰を使ってアク抜き処理中なのですが

一晩置いてから

水で晒す必要があるので

明日の調理に回します。

(一部は

上記の筍とともに 炊き込みご飯にしようかと)

 

毎日 よろこびが続いている

この春なのでございます♪

 

 

山に分け入って採取する際には

神経も相当使われたことでしょうし、

洗ってきれいな状態に整えて

届けてくださる手間を考えると

感謝してもしきれないぐらいです…!!

 

届けられた側にできることは

ありがたく 美味しくいただいて

すべての想いを全うすることじゃないかと。

 

本当に本当に ありがとうございましたm(_ _)m