Hamori’s blog

ガーデンアトリエ葉守のひとりごとです。

雨の葉守(その2)

f:id:Hamori:20200517021517j:image

里庭のレモンの花が

これまでで一番たくさん咲きました!

 


f:id:Hamori:20200517021520j:image

あたり一面に漂う 芳しい香り。

 


f:id:Hamori:20200517021543j:image

甘夏の方にも

あまり数は多くないものの

花を咲かせた跡が見られます。

 

 


f:id:Hamori:20200517021539j:image

森庭に戻って またパトロール開始。

 

コバノズイナが まもなく満開となり

一段と白く、まわりを明るく照らしてくれそう。

 

コンパクトな低木ながら、

とてもいい仕事をしてくれる 信頼できるキャストなのです。

 

 


f:id:Hamori:20200517021536j:image

植えたことを忘れていたユリ ‘ロートホルン’。

ササユリに似た、可憐な風情です。

ユリにしては ちょっと早く咲いたのですね。

 

 


f:id:Hamori:20200517021527j:image

ベンチまわりのノイバラ。

 


f:id:Hamori:20200517021524j:image

ホワイトガーデンの準主役として頑張ってくれています。

 

 


f:id:Hamori:20200517021531j:image

もう少し前が盛りだった様子。

見てあげられてなくて 申し訳ありませなんだ…!

 

 

f:id:Hamori:20200517024018j:image

淡い淡いブルーが美しい

セアノサス ‘ヘンリー・デス・フォッセ’。

 


f:id:Hamori:20200517024021j:image

玄関前の狛犬プランター2基の

ルブス ‘サンシャイン・スプレッダー’

(別名 ナワシロイチゴ)。

 

花弁が開ききることはなく、

可愛いピンクのきんとんみたいな

この状態が最高潮なのです。

 

葉や茎に棘があるのはわかっていましたが

よく見ると

花の顎にもチクチクの棘が。

 

過剰防衛気味にも思えるけれど、

やがて成る実を

いけすかない外敵から守るための知恵なのでしょうか。

 

病虫害に強いのも

それに依るところが大きいのかもしれません。