Hamori’s blog

ガーデンアトリエ葉守のひとりごとです。

病葉(わくらば)と朽葉

f:id:Hamori:20191208034409j:image

メンテナンスに伺ったお宅で

ふと見上げると、

とてもレーシーな美しい葉っぱが。

 

f:id:Hamori:20191208034424j:image

虫の大好物・オオデマリの葉が、

葉脈を残して

ほぼ食べ散らかされているのでした。

 

 

f:id:Hamori:20191208034436j:image

微妙な紅葉具合との合わせ技で、

なんて綺麗なのでしょう…!

 

彼奴等の食べ進み具合がわかるこんな一枚は

ずっと眺めていても飽きないですが…

いかんいかん

作業中だった…(笑)

 

 

f:id:Hamori:20191208034557j:image

葉守に戻って 雨戸を開けると…

目に入って来たのは 

イチョウの黄金!

 

色づきが遅れていた今年。

しばらく 観察する間もなく慌しさに取り紛れていたら、

急にキターー!!…という感じ。

 


f:id:Hamori:20191208034547j:image

樹下 半径3メートルぐらいを中心に

散った黄金葉が地面を覆っています。

 

 


f:id:Hamori:20191208034554j:image

散って来たての鮮やかな黄色から

だんだんフェイドしていく段階がわかる、

何とも見事なグラデーション…

 

次第に

朽葉色の割合が増してくるのでしょうが…

 


f:id:Hamori:20191208034601j:image

名バイプレイヤーである

アンズやネジキによる彩りも忘れちゃならないですね。

 

微妙な黄葉と紅葉、

多様性が織りなす初冬景色の何と豊かなこと。

 


f:id:Hamori:20191208034551j:image

ガーデンパン(水受け)の中まで

この通りの吹き寄せに。

 

もう少しで

すっぽり埋もれてしまいそうな…

 


f:id:Hamori:20191208034604j:image

冬紅葉の色彩の優しさと 

雲間から時折射す 柔らかな薄陽。

 

その只中に身を置く、ひとときの幸せ!

 

…落ち葉掃除のことは

今は考えないようにしようっと。