Hamori’s blog

ガーデンアトリエ葉守のひとりごとです。

あじさいの花あそび

f:id:Hamori:20210701201840j:image

どことなく

折り返し地点を過ぎた気配のアジサイたち。

 

来客があることもあり、

小径に倒れてきたり

伸び過ぎていたりする箇所を剪定したのですが

その剪定した枝を使って

室内のあちこちに生けてみました。

 


f:id:Hamori:20210701201825j:image

こちらは

さるお客さまにいただいた「手あぶり」(火鉢)に

無造作に生けてみたヒメアジサイ

 


f:id:Hamori:20210701201818j:image

アナベル

骨董のコンロ(…でしょうか?)に どっさりと。

白〜ライムグリーンへの過渡期の

微妙なカラー・バリエーションを楽しむ趣向です。

 


f:id:Hamori:20210701201828j:image

ウワスラのピッチャーへは

秀でて白いひと枝を 花冠のように。

 


f:id:Hamori:20210701201837j:image

長谷川先生の一輪挿したちには

それぞれ違う趣きの花を飾って。

 

繰り返し咲いてくるジュード・ジ・オブスキュア(右)は

フルーティな香りを

惜しげもなく放ってくれるのもうれしいのです。

 

(左)はクロコスミア。

弊社サイト トップページに

月替わりで何かひとつおすすめのものを紹介している

「this month’s offer」にもとりあげたのですが

この時期の庭のアクセントとして欠かせない花です。

http://greatoaks-garden.com

 


f:id:Hamori:20210701201815j:image

ごく小ぶりなアナベル

一枚の病葉以外

葉っぱをほとんど取って、

アイアン作家・松岡信夫さんの一輪挿しへ。

 

庭にあるときとはまた異なる

寂びた表情を引き出せたように思います。

 


f:id:Hamori:20210701201821j:image

iittalaのAlvar Aalto Vaseには

ブルーのヒメアジサイを。

 

1989年のひと夏

一緒に仕事をさせていただいた

デンマークの方々から

帰国の際 記念に頂戴したこのベース。

 

いつもなら いの一番に引っ剥がす

(i)のシールですが

これは いただいたときのままにしています。

 

もしかして いや確実に

既に鬼籍に入られた方もいらっしゃるであろうことを思えば

見るたび 使うたびに

殊更の感慨を抱く花器なのでありました。

 


f:id:Hamori:20210701201833j:image

富永順子さん作のウッドブロック・ベースと

長谷川先生作の一輪挿しボウル。

 

「手術台の上」ならぬ

「書棚の上の出会い」や如何に…?

(出典:「マルドロールの歌」by ロートレアモン伯爵)

 

 

さまざまな器との組み合わせで

庭にあるときとは

また違った貌を見せてくれる花たち。

 

こんな風流で面白くて

それでいてお手軽なあそびは

そうないんじゃないかな、と思います。

 

みなさまも 機会があれば

【器との対話】と【花との対話】、

ひいては 【自己との対話】を どうぞお試しあれ。

 

 

決して

各種華道流派を

無下にしている訳ではないのですが、

これらの対話の上に成り立った「無手勝流」こそ

自分自身にとって意味を持つのではないかしら。

 

 

f:id:Hamori:20210702115121j:image

強いて言えば 

師事したいのは 私の知るかぎり

この方のみ…かも。

 

 

 

 

 

 

ムクロジの下で

ムクロジの梢のざわめきや 風の音。

小径を竹箒で掃くシャカシャカ音。

 

ムクロジの花殻が散る

微かなポツポツ音をお伝えしたくて撮ってみたのですが

思うようにはいかないものです。

 

 

少し場所を移して

アジサイが美しく彩る林床から始めてみたのがこちら。

 

正体不明の きれいな鳥の声や

どこのどなたかわからない いろんな言葉が

不思議なくらい この庭にこだましていますね。

 

中には「あついねー」とかけ合っている声も。

疾病騒ぎなぞ どこ吹く風の、このピースフルさ!

大袈裟に言うと、

ここに宇宙の真理があるような…

 

後半移動しようとしているあたりで

画面が多少ギクシャクするのは、

小径に転がっていたヤマモモの実を

靴底で踏んづけた所為でございます(笑)

 

 

何ということもない、こんな葉守の時間を

いつか懐かしく見返す日も

いずれは来るんだろうなぁ…

 

どなたにとっても

この「今」を大切に過ごさなきゃ、ですね。

 

 

果実シロップ化計画

f:id:Hamori:20210626210049j:image

第一弾のヤマモモ収穫分は

 


f:id:Hamori:20210626210055j:image

お水と砂糖を加えてサッと煮て

 


f:id:Hamori:20210626210036j:image

甘酸っぱいコンポートにしましたが

 


f:id:Hamori:20210626210032j:image

第二弾の収穫については

 


f:id:Hamori:20210626210046j:image

氷砂糖と

少量のアルコール(腐敗防止のため)とともに

保存瓶に入れて冷蔵庫で保管し

 


f:id:Hamori:20210626210042j:image

毎日瓶を揺すって

ヤマモモ・シロップに変化していくのを

見守ることに。

 

水を一滴も加えずとも

氷砂糖が徐々に溶けて

ヤマモモから

じわじわとエキス分が浸出していくのです…!

 


f:id:Hamori:20210626210039j:image

同じ製法で

 


f:id:Hamori:20210626210052j:image

梅シロップも育ててきましたが

 


f:id:Hamori:20210626210028j:image

二週間ほど経ったでしょうか?

 

瓶の口元までいっぱいだった

梅の実と氷砂糖の勢力図が

すっかり塗り替えられて、

液体が増えた分

瓶の上の方には空間が生じています。

 

すべてではないものの 

実からエキスが出て

シワシワになりかけているのがわかります。

 

 

f:id:Hamori:20210626220113j:image

この製法で作る場合の注意点は

きれいに洗った果実の水気を

ペーパータオルで拭き取ってから

瓶に投入することと、

その瓶を

あらかじめアルコールで消毒しておくこと。

 

焼酎がよく使われるようですが

今回は手元にあったパストリーゼを重用。

梅雨時はもとより

昨今のご時世では必需品ですね。

 

 


f:id:Hamori:20210626210025j:image

梅の方は

氷砂糖もすっかり溶けきって

全体的に黄金色の液体になってきたので、

試しに

炭酸水で割って いただいてみました。

 

暑気払いにうってつけの

爽やかな風味が最高…♪

 

ヤマモモ・シロップの進捗も

待ち遠しいかぎりです。

 

 

季節の恵みを閉じ込めた瓶の

どこか神々しいような美しさ。

そして  

抽出されたエキスの滋味。

 

かなり幸せを感じること 請け合いでございます。

 

 

さてさて

Jamesさんのバックヤードでは

この時期 35種類ぐらいの実りがあるそうで

いいなぁ…

 

カラントやいろんなラズベリー、ボイゼンベリー、ブラックベリーなどなど

そして

彼はあまり好きじゃないみたいですがゴジベリー(クコ)なんかも。

サービスベリー=ジューンベリーのようですね。

これらがすくすく育つ

zone 7Aのニュージャージーはよろしいなぁ…

 

彼の庭には

ベイベリー(ヤマモモ)は向かないのかしらね。

 

日本でのヤマモモの商業的生産地は

徳島県高知県岡山県…ということなので

温暖な地域に向いてるのでしょう。

 

そろそろ 無いものねだりはやめて

「在るもの慈しみ」に切り替えるべきですね。

全地球人に そう告げたい気がしてきました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

夏至を過ぎて

f:id:Hamori:20210624123620j:image

6/21(月)の夏至の日には

ささやかな妖精茶会を催したかったのですが

仕事の都合で断念。

 


f:id:Hamori:20210624091641j:image

葉守の場合は 普段から折に触れ

妖精さんの気配を感じているので、

春分夏至秋分冬至の4回に限らず

いつでも茶会にお招きすれば

来てくれそうな気が 勝手にしています。

 

妖精さん、今しばらくお待ちを!

 


f:id:Hamori:20210624091647j:image

上空の葉の繁りが

ますます色濃くボリューミーになり、

太陽の位置によっては 仄暗さを感じるコーナーも。

 


f:id:Hamori:20210624091657j:image

抜け感のあるエリアでは

初夏の日差しが降り注いでいて

とっても爽やか〜!

 

アナベルはいちばん純白な段階を経て

再びライム色へと折り返し始めた模様です。

 


f:id:Hamori:20210624091634j:image

お隣のマンションでは

外壁塗装をなさっているようですが、

この囲まれ感で ほぼ気になりませんね。



f:id:Hamori:20210624092049j:image

ユリのつぼみ

 

 

f:id:Hamori:20210624092218j:image

二番花が返り咲いてきたホタルブクロ

 

 

f:id:Hamori:20210624092215j:image

エントランスを彩るサンパチェンス

 

サカタさんが通常のインパチェンスを改良して作った

真夏の直射日光や酷暑にも負けない安定の品種です。

 

 

 

f:id:Hamori:20210624092238j:image

一株でもこんもり元気に育つので

色を選べば 使える花だと再認識しています。

 

あの花は嫌いだから使わないで…なんて

ある草花を特定して

たまにおっしゃるお客様がいらっしゃいますが、

要は使い方、どういう文脈で活かすか…

が重要なのではないかと思う次第です。

過酷なこれからの季節は特に

タフな助っ人を封じ込められると辛いのよ〜

 

私たちとて

品格のないベタすぎる草花は好みませんので

決して悪いようにはいたしませんから…!

ぜひ とことん

当方のセンスと経験値を信じていただきたい、

という心の叫びでございます(笑)

 


f:id:Hamori:20210624092211j:image

またまた草丈が全体的に伸びて

厚ぼったさが増してきたアプローチ。


歩をすすめると

微かにポツポツという音が聞こえてきて…



f:id:Hamori:20210624091617j:image

これは…

今も 降り注いでいる

ムクロジのフラワー・シャワーの音!

 


f:id:Hamori:20210624091637j:image

黄色いスプリンクルが

あちらこちらにトッピングされています。

 


f:id:Hamori:20210624091608j:image

雄花と雌花の見分けは難しい、と先日申しましたが、

よく考えてみると

あの夥しい実りに雌花が転じる訳ですから

今一帯に散りばめられているのは

すべて雄花と言って差し支えないですね。

 

自然界の理、おそるべし。

 

 

 

杏仁の顚末

f:id:Hamori:20210622080418j:image

先日たくさん収穫し、

コンポートやジャムにして楽しませてもらったアンズ。

 


f:id:Hamori:20210622063543j:image

種も 当然ながらたくさん手元に残りました。

硬い殻の中にある

「杏仁」(アプリコットカーネル)を活用する方法を探ることにして…

 


f:id:Hamori:20210622063540j:image

タガネやマイナスドライバーと金鎚で

こじ開けられるポイントがあるらしいのですが、

難しいことが判明したので

ペーパータオルで挟んでから

セットハンマーの一撃を加えて割ってみました。

 


f:id:Hamori:20210622063534j:image

薄っぺらいアーモンドのような形状。

 

多少 形が壊れたりもしましたが、

力の加減がわかってくると

面白いように割れます!

 

この状態のものを一晩水に漬けて

薄皮をふやかすと

つるんと剥けてまいります。

 


f:id:Hamori:20210622063537j:image

これぞ杏仁!

杏仁豆腐の芳しい香りが濃厚に漂います。

 

ネット上で調べた作り方

https://fukiyose16.com/1502.html

を熟読して ワクワク♪

 

しかしながら 更に調べていくと…

内閣府 食品安全委員会からのお達しが…!! ↓

https://m.facebook.com/cao.fscj/photos/a.1453852721497288/1743197402562817/?type=3

 

杏仁に含まれるアミグダリンという毒は

多少煮ても完全には除去されないらしく…

超高齢者のいるわが家では

危うきに近寄らずかなぁ。(涙)

 

大量のアンズの種から杏仁豆腐を作って

楽しんでおられる猛者も

全国にちらほらいらっしゃることはわかりましたが

結構なロシアン・ルーレットなんじゃないでしょうか?

 

それでなくても

物事の背景にあるものを見抜かなければ

全然望んでもいない

ロシアン・ルーレットに参加させられそうな昨今。

(言うまでもなく これは例のお注射のことです、はい。)

 

とりあえずの健康体に自ら問題を持ち込んで

取り返しのつかない状況を招くことはあるまい…

という結論に達し、

泣く泣く

白くつるんとして美味しそうな仁を

(もう一度香りを鼻腔いっぱいに吸い込んでから)

捨てたのでありました。

 

チキンでごめんなさい(笑)

 

…まだ果たすべき使命が

私たちには残ってますからね。

 

 

 

 

 

ヤマモモとウメの収穫

f:id:Hamori:20210620121454j:image

二十四節気の「芒種」の末候である

第二十七候「梅子黄 (うめのみきばむ)」。

 (6/16~6/20頃)

 


f:id:Hamori:20210620121506j:image

本当によくしたもので

文字通り 今この時期、

葉守の そして あちらこちらの

梅の実が黄色く熟しています!

 


f:id:Hamori:20210620121515j:image

既に 青梅を購入して

シロップの仕込みは完了しているものの、

こんなに美しく熟した梅を見ると

見過ごすことはできません。

 

早速収穫して 自宅へ持ち帰ることに。

この量で何ができるかよく考えて

有効に利用させていただきます!

 

おまけとして

草叢に落ちていたアンズも一個ゲット!(笑)

 


f:id:Hamori:20210620121432j:image

ヤマモモにも赤い宝石が目立ってきました。

 


f:id:Hamori:20210620121440j:image

足場の良くないエリアですが

なんとか脚立を立てて収穫していきます。

 


f:id:Hamori:20210620121501j:image

熟したものは 既にあちこちに落ちていて…



f:id:Hamori:20210620121457j:image

ほぼ同じサイズの

ムクロジの古い実に紛れるように

 

 

f:id:Hamori:20210620131508j:image

分解屋さんの虫たちには

まだ気づかれないままで

いくつもひっそり転がっておりました。

 


f:id:Hamori:20210620121444j:image

↑樹上からの収穫。

 


f:id:Hamori:20210620121436j:image

↑樹下から ハイエナのように漁った収穫。

洗いながら

よく検分する必要はありそうですが…

 

せっかく ダンゴムシその他の虫たちがくれた

ひと呼吸の猶予。

ありがたく思わなくてはバチが当たりそうです。

 


f:id:Hamori:20210620121510j:image

まだまだ実ってますが

今日のところは これぐらいにしておきましょうか。

 

この庭に集ういきものみんなに

分け前が行き渡るといいなぁ。

 

ムクロジのフラワー・シャワー

f:id:Hamori:20210620114627j:image

いつのまにか こんなに繁っていたムクロジ

 


f:id:Hamori:20210620114633j:image  

枝張りもまたまた広がり…

 


f:id:Hamori:20210620114656j:image

池の上をゆうゆうと越えるほどに。

 

メダカたちにとっては

サポニン成分を含むムクロジからの落下物は

受難に他ならない訳で…

 


f:id:Hamori:20210620114643j:image

小径や

 


f:id:Hamori:20210620114640j:image

ウッドデッキの上に

この時期 容赦なく降り注ぐ  

ハンパない量のムクロジの花殻。

 

 

f:id:Hamori:20210620151508j:image

池に落ちた分は

できるだけ網で掬い取ったりしていますが

全然追いつかないのが現状です。

 

 


f:id:Hamori:20210620114650j:image

デッキ上のコーヒーテーブルにも

雨水とともに

かなりの花殻が蓄積。

 


f:id:Hamori:20210620114647j:image

水面に映り込んでいるのは

ムクロジの豊かな梢と 紛れもない夏空。

 


f:id:Hamori:20210620114653j:image

雌雄同株であるムクロジには

雄花と雌花が存在しているそうで…

 


f:id:Hamori:20210620114637j:image

違いは蕊の長さらしいのですが

…見分けるのは至難の技ですね。

 


f:id:Hamori:20210620114659j:image

アカプルコ・チェアの座面

ストリング部分に絡め取られていたり

(よく見ると 実もしっかりはまり込んでますね…)

 


f:id:Hamori:20210620114630j:image

蜘蛛の巣に引っかかって

宙吊りになっていたり…

 

 

微細でありながらも

存在感を放ちまくっている

ムクロジの花なのでした。